ABOUT JPD

活動概要

 春学期は、日本政治に関する優れたテキストや新書を読み進めて、政治学、日本政治の基礎的な理解を深めます。そののち、現代の構造を理解し分析する力を身につけるため、実態と理論からアプローチする演習を重ねていきます。秋学期はその基盤を踏まえ、自らの問題関心にあわせ、文献調査やフィールドワークなどを通して個人研究に取り組んでいきます。

アプローチ

 研究会はメンバー全員によるディスカッションを中心に進みます。対象となることがらが持つ経緯、制度、結果、そして人物を総合的にとらえ、政治学と歴史学、制度と実態を架橋した、動的な日本政治外交理解(JPD, Japanese Political Development)の獲得を目指します。

本研究会が目指すもの

     たとえば、「現代用語」を網羅した読み物が毎年発行され、人気を博しているように、ひっきりなしに表出する日本の諸問題と、過度に複雑化した社会をまえに、分析をするどころか、ついてゆくのがやっと、というのが現代に生きる私たちの現状なのではないでしょうか。こうした状況下において、私たちに必要なのは、問題の本質をみる眼に他なりません。現代日本における政治や外交、そして社会の諸問題が、いかなる根本をもち、どのような変遷をたどって表出してきたか。本研究会では、歴史的なアプローチと現代理論の双方を用いながら、このような現代社会にはびこる問題の本質を明らかにすることを主眼としています。
 このように書くと、「そんなに簡単に物事の本質がわかるわけがない」と思われる方もいるかもしれません。しかし、一見どんなに「現代的」な問題であろうと、過去とのつながりと切り離して考えることはできません。また、病巣がはっきりとわかっている問題もあれば、根本の病巣と表面にあらわれた症状が直結していない問題もあります。もちろん、歴史的な分析が唯一とは言いませんが、日本の政治外交の問題点とその本質を探るためには、歴史を紐解くことが不可欠なのです。このような考えから、本研究会では、対象の事項が有する歴史的経緯、制度、運用、発展、人物、結果を統合的に把握することで理解を深めてゆく、APD(American Political Development)と称される研究スタイルを取り入れた、新たな日本政治外交研究(JPD)の確立を目指していきます。
 本研究会は、読む文献も多く、適当に過ごすことが許される研究会ではありません。しかし、本当に得るものが多い研究会です。私たちは、研究会という場を、ただ知識を増やしたり、討論して終わるものではなく、学生が、社会に飛び込むための準備を行う場と考えています。そのため、「インゼミ」(他大学研究会との交流)を企画したり、各方面で活躍する社会人の方をお招きした「社会人セッション」を開催しています。どちらも、自らの将来を考えてゆくうえで、とても良い機会となっています。
 当然ながら、メンバー同士の交流は“熱い”です。研究会後に行われる食事会は必要以上に盛り上がります。決して楽ではない研究会で出来る友達。その友達は“仲間”となり、一生涯のものとなります。人生においてもっとも贅沢な学生時代に、仲間と熱く真面目に語り合う。この素晴らしい体験を、この研究会では実現することが出来るはずです。関心を抱かれた方のご参加をお待ちしています。

オープンなゼミ

     日本政治外交ゼミでは、2018年度からゼミ生以外の学生・社会人の方々の授業参加を歓迎しております。参加者の方には事前に学生と同じ課題図書等を読み課題に取り組んでいただき、ゼミ生と一緒にディスカッションする場としています。ゼミをオープンにすることにより、いつも以上に活発な議論をし多くの学びを得ることを目的としています。参加日程もお選びいただくことができ、ゼミ一同オープンなゼミの活動を楽しみにしておりますので多くの方のご参加をお待ちしております。

本年度参加者

第7回(5月29日)理論と構造(6):教育系企業社員
第9回(6月12日)理論と構造(8):放送企業社員、役所勤務
第14回(7月17日)考察と実践(2):OG/米大学所属

     この他にも、SFC他研究室所属の学生やゼミ卒業生、清水教授繋がりの方々にご参加頂いております。

DETAIL of our Activities

One of the JOURNEY

 このセクションは、これからゼミに参加することを考えている人、SFCに入学しようとしている人に向けて、実際の一人の学生のストーリーを紹介します。大学・ゼミに入って何ができるのか、何を得られるのか。これは非常に難しい問題だと思います。その決断で少なくとも1年ないし数年の人生が変わるのですから。このストーリーがそんな大きな決断の一助になれば幸いです。

Yuya TAKAHASHI

総合政策学部 3年

 私は2年生の春学期にJPDゼミの門をたたきました。そもそも私は1年生の秋学期からプロジェクト型の研究会に所属しており、個人研究と文献講読に黙々と打ち込むJPDはまさにその「対極」に位置するものでした。私個人としては研究会内でのプロジェクト活動も少しずつ軌道に乗り始めてているという状態で、そのまま1つの研究会で学び続けることも選択肢のひとつでした。それでも私がJPDに入ったのは、専門性に基づく観点と表層にとどまらない分析力を自身の中に築きたかったためです。プロジェクトの実践から得る学びは机上の空論とはことなり世の中に実在する課題に向き合うものであり、その価値は大きいと感じています。一方で、課題を表層的にしか捉えられず実効性のある打ち手をプロジェクトとして出すことができないことへの歯がゆさも同時に感じていました。そして、そのような「薄い」実践を短い大学生活で繰り返していても自身のなかに何も残らないのではないだろうか、という怖さも芽生えていました。
 そうしたことを感じながら、私は1年生の秋学期に清水先生の「政策デザインワークショップ」を履修しました。この授業を通して、政治学というひとつの学問分野を深く学ぶことで現実社会の課題を洞察できるようになることを私は感じました。それだけでなく、社会科学における研究手法がプロジェクトをリーンに運営していく手法と大きく重なっていることも実感し、学術的な研究に腰を据えて取り組むことは自身のプロジェクトからの学びも大きくし得ると感じました。プロジェクト型の研究会で感じていた課題意識に対して、「対極」にあると思っていたはずのJPDが解を持っているのではないかと思うようになったのです。

 こうしてJPDに参加してからまる2年が経つなかで、私が当初求めたものは大きく満たされてきたと感じています。しかし、私はJPDのことをひとつ勘違いしていた、と今は思っています。
 入ゼミ前のJPDの印象は「寡黙」でした。自身で立てた問いを明らかにするために、ひたすらに文献と向き合い、「なぜ」を投げかけ続ける。この印象自体は間違っていない一方、私がJPDから得たものを考える上で先生、同志との議論から得た気付きや観点も触れずにはいられません。JPDでは個人の研究に対するディスカッションに、研究発表そのもの以上に多く時間を割いています。各ゼミ生の研究テーマは大きく離れており、私が行っているような政策研究から外交史、政治思想史まで銘々が異なる関心分野に向き合っています。多様な研究関心を持つゼミ生、そして先生から各々の分析視角やバックグラウンドに基づいたアドバイスや論点を得ることは、研究をする上で非常に有意義でした。さらに、他のゼミ生の研究手法や問いの立て方からも自身の研究のヒントを多く得、実際に反映させることができました。こうして議論から多くのことを得られるのも、一人ひとりが自身の研究関心、講読文献に本気で向き合っているからこそだと感じています。

CONTACTS

yuichiro@sfc.keio.ac.jp