//慶應SFC日本政治外交ゼミ(清水唯一朗研究会)B1

活動概要(ゼミ生からのメッセージ)

 たとえば、「現代用語」を網羅した読み物が毎年発行され、人気を博しているように、ひっきりなしに表出する日本の諸問題と、過度に複雑化した社会をまえに、分析をするどころか、ついてゆくのがやっと、というのが現代に生きる私たちの現状なのではないでしょうか。こうした状況下において、私たちに必要なのは、問題の本質をみる眼に他なりません。現代日本における政治や外交、そして社会の諸問題が、いかなる根本をもち、どのような変遷をたどって表出してきたか。本研究会では、歴史的なアプローチと現代理論の双方を用いながら、このような現代社会にはびこる問題の本質を明らかにすることを主眼としています。

 このように書くと、「そんなに簡単に物事の本質がわかるわけがない」と思われる方もいるかもしれません。しかし、一見どんなに「現代的」な問題であろうと、過去とのつながりと切り離して考えることはできません。また、病巣がはっきりとわかっている問題もあれば、根本の病巣と表面にあらわれた症状が直結していない問題もあります。もちろん、歴史的な分析が唯一とは言いませんが、日本の政治外交の問題点とその本質を探るためには、歴史を紐解くことが不可欠なのです。このような考えから、本研究会では、対象の事項が有する歴史的経緯、制度、運用、発展、人物、結果を統合的に把握することで理解を深めてゆく、APD(American Political Development)と称される研究スタイルを取り入れた、新たな日本政治外交研究(JPD)の確立を目指していきます。

 私たちは、研究会という場を、ただ知識を増やしたり、討論して終わるものではなく、学生が、社会に飛び込むための準備を行う場と考えています。そのため、「インゼミ」(他大学研究会との交流)を企画したり、各方面で活躍する社会人の方をお招きした「社会人セッション」を開催しています。どちらも、自らの将来を考えてゆくうえで、とても良い機会となっています。

 当然ながら、メンバー同士の交流は“熱い”です。研究会後に行われる食事会は必要以上に盛り上がります。決して楽ではない研究会で出来る友達。その友達は“仲間”となり、一生涯のものとなります。人生においてもっとも贅沢な学生時代に、仲間と熱く真面目に語り会う。この素晴らしい体験を、この研究会では実現することが出来るはずです。

 歴史的分析はいかなる分野にも必要となります。そうした事情を反映して、本研究会には、広汎な関心分野から、多種多様なメンバーが集まっています。さまざまな分野に関心をもつメンバーとの相互作用は、想像を超えるようなアイデアを生み出す可能性を秘めています。読む文献も多く、適当に過ごすことが許される研究会ではありません。しかし、本当に得るものが多い研究会です。関心を抱かれた方のご参加をお待ちしています。

ゼミ外の活動