慶應SFC 清水唯一朗研究会

Seminar for Japanese Politics and Diplomacy Studies

教員紹介

経歴
1974年、長野県生まれ。
慶應義塾大学法学部政治学科卒業(1999年)
同、大学院法学研究科前期博士課程修了(2001年)
同、大学院法学研究科後期博士課程単位取得(2003年)
博士(法学)
政策研究大学院大学オーラル・政策情報プロジェクトリサーチアシスタント(2002~03年)
東京大学先端研特任助手(2003~07年)
慶應義塾大学総合政策学部専任講師(2007年~10年)
慶應義塾大学総合政策学部准教授(2010年~2017年)
ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員(2014~15年)
国立政治大学国際事務学院日本研究課程客員准教授(2015年~16年)
慶應義塾大学総合政策学部教授(2017年~現在)
 
現職
慶應義塾大学総合政策学部教授
同大学院政策・メディア研究科委員
 
主な兼職
東京大学先端研客員研究員
慶應義塾大学グローバルセキュリティインスティテュート研究員
国際日本文化研究センター共同研究員
 
専門分野
日本政治外交論
統治機構論
政官関係論
オーラル・ヒストリー
 
連絡先
yuichiro【A】sfc.keio.ac.jp  【A】は@に書き換えてください
http://web.sfc.keio.ac.jp/~yuichiro/

著書

『写真週報とその時代(上)』(共編、慶應義塾大学出版会、2017年)

『憲法判例から見る日本―法×政治×歴史×文化』(共編、日本評論社、2016年)

『学校を変えれば社会が変わる―信州からの教育再生』(共著、東京書籍、2014年)

『近代日本の官僚―維新官僚から学歴エリートへ』 (単著、中公新書、2013年)

『四條男爵家関係文書』(共著、同成社、2013年)

『日本政治史の新地平』 (共著、中公新書、2013年)

『近現代日本を史料で読む』(共著、中央公論新社、2011年)

『上原勇作日記』(尚友倶楽部編、芙蓉書房出版、2011年)

『日本行政史』 (共著、慶應義塾大学出版会、2010年)

『歴史の桎梏を越えて−20世紀日中関係への新視点』 (共著、千倉書房、2010年)

『慶應の政治学 日本政治』 (共著、慶應義塾大学出版会、2008年)

『戦時日本の国民意識』 (共著、慶應義塾大学出版会、2008年)

『長野県近代民衆史の諸問題』 (共著、龍鳳書房、2008年)

『政党と官僚の近代―日本における立憲統治構造の相克』 (単著、藤原書店、2007年)

『宰相たちのデッサン』 (共著、ゆまに書房、2007年)

『歴代総理大臣伝記叢書 解題編』 (共著、ゆまに書房、2007年)

『戦前日本の政治と市民意識』 (共著、慶應義塾大学出版会、2005年)

『近現代日本人物史料情報辞典』 (共著、吉川弘文館、2004年)

『歴代首相物語』 (共著、新書館、2003年)

雑誌論文など

「日本の政治と学生―政治との隔絶、政策への接近」『問題と研究』45-4、2016年

「日本の選挙区はどう作られたのか―空間的政治制度の始点を考える」『年報政治学』2016-2、2016年

「制度論的政治史論―4つの制度から考える」『九州史学』175号、2016年

「戦後70年目の日本研究―アメリカ、ヨーロッパ、日本」『吉野作造研究』12号、2016年

"Shaping the Diet: Competing Architectural Designs for Japan's Diet Building", Social Research Science Network website, pp. 1-38(Joint Paper with Sochi Naraoka)

「日本の選挙制度―その創始と経路」『選挙研究』29巻2号、2013年

「政官関係にみる『歴史の教訓』」『人事院月報』770号、2013年

「議場の比較研究(1) 日本の国会議事堂と議場―民主主義を規定する枠組みとして―」SFC研究所日本研究プラットホームワーキングペーパーシリーズNo.5、2013年

「吉野作造と大正の公論空間―地域メディアでの口述筆記から―」『近代日本研究』29号、2013年

「日本政治史から見た課題」経団連21世紀政策研究所編刊『政権交代時代の政府と政党のガバナンス』2012年

「危機與改革中的日本政治」(『國際關係研究月刊』(香港)2巻、2011年)

「政治主導と官僚主導」(『レヴァイアサン』28号、2011年)

「戦前日本の政官関係」(『法学研究』83巻11号、2010年)

「政治家の領分、官僚の領分」(『WEDGE』22巻2号、2010年)

「大正・昭和の政治史に関するデータベース」(『日本歴史』740号、2010年)

「予算膨張は政党政治の必然か?」(『WEDGE』22巻1号、2009年)

「過去官僚と現在官僚」(『WEDGE』21巻12号、2009年)

「『内閣主導』実現なるか」(『WEDGE』21巻11号、2009年)

「政治主導の政治史」(『WEDGE』21巻10号、2009年)

「明治日本の官僚リクルートメント―その制度、運用、実態―」(『法学研究』82巻2号、2009年)

「政治の安定、官僚の安泰?―二大政党時代と官僚」(『三田評論』1120号、2009年)

「床次竹二郎―『ありうべき』理想と『ありえる』現実のはざまで」(『月刊自由民主』657号、2007年)

「藩閥、官僚、政党―後藤新平の政治空間―」(『環』29号、2007年)

「護憲三派内閣期における政党と官僚」 (『日本政治研究』3巻1号、2006年)

「早すぎた政治家の遅すぎた評価」(『環』24号、2006年)

「政党内閣の成立と政官関係の変容」 (『史学雑誌』114編2号、2005年)

「『官僚の政党化』過程の一考察」 (『法政論叢』41巻1号、2004年)

「尾崎行雄の政党内閣論―政務官・事務官の区別を中心に―」(『世界と議会』484号、2004年)

「隈板内閣における猟官の実相」 (『日本歴史』674号、2004年)

「文官任用令制定の政治過程」 (『法学政治学論究』59号、2003年)

「隈板内閣下の総選挙」 (『選挙研究』18号、2003年)

「第一次山本内閣の文官任用令改正と枢密院」 (『法学政治学論究』51号、2001年)

「清浦内閣の一考察」 (慶應義塾大学法学部政治学科開設百周年最優秀)

 

オーラルヒストリー

『大森政輔(内閣法制局長官)オーラル・ヒストリー』

(聞き手、東京大学先端科学技術研究センター、2015年)

「オーラルヒストリーメソッドの再検討-発話シークエンスによる対話分析」

(共著)『KEIO SFC JOURNAL』Vol.14 No.1、2014年

『ひと×土地×仕事が街を語る(1)湘南台のパスタやさんニューオリンズ』

(聞き手、慶應義塾大学生活実践知プロジェクト、2014年)

「身体知の観点から聴き手―話し手の関係を捉える―オーラルヒストリーメソッドの再検討」(共著)第18回身体知研究会報告論文、2014年

『医療政策オーラル・ヒストリー1 仲村英一』(聞き手、医療経済研究機構、2013年)

『上原尚作オーラルヒストリー』(聞き手、慶應義塾大学オーラルヒストリー研究会、2012年)

『渋沢雅英オーラルヒストリー』(渋沢栄一記念財団、2012年)

『吉國一郎オーラル・ヒストリー』Ⅰ・Ⅱ(東京大学先端研、2011年)

『国民皆保険オーラル・ヒストリー1 幸田正孝(元厚生省事務次官)』(医療経済研究機構、2011年)

『華族令嬢たちの大正・昭和』(吉川弘文館、2011年)

『穂積重行オーラルヒストリー』(渋沢栄一記念財団、2010年)

「オーラル・ヒストリーの可能性―仮説の発見と実証―」(RPSPP Discussion Paper No.4(立命館大学)、2009年)

『地方自治に生きる 宮澤弘回顧録』 (第一法規、2007年)

『オーラル・ヒストリー入門』 (共著、岩波書店、2007年)

『工藤敦夫(元法制局長官)オーラル・ヒストリー』 (GRIPS-COE、2005年)

『わたしの20世紀 長野士郎回顧録』 (学陽書房、2004年)

『大室政右(自民党都連幹事長)オーラルヒストリー』 (GRIPS-COE、2004年)

「日本におけるオーラル・ヒストリー」 (GSEC CRONOS WP03-004、2003年)

「オーラルヒストリーのススメ」 (『世界と議会』471号、2003年)